いいーじゃん.com
素敵な海に癒されて、、、
ハワイ

レンタルサイクル biki

皆様、こんにちは。

今回はお手軽に自転車に乗れてしまうbikiについてお話します。

biki はワイキキに100箇所ほどあるレンタルサイクルスタンドのことを言います。

各スタンド間をbikiにて移動する感じで使用します。

スタンド数はとても多くワイキキ周辺はかなり網羅されているため結構使い勝手はいいと思います。

我が家ではThe Busとbikiを併用して楽しむという感じで使用しました。

その話はまた別記事にて紹介します。

それではbikiの使い方マニュアルです。

できる限り短くシンプルにまとめてありますのでこれをきっかけに使えるようになってもらえると嬉しいです😃

1.言語選択にて日本語選択

2.利用許可証の購入(料金表は枠下に載せています)

3.クレジットカード確認(挿入してゆっくり抜いてください)

4電話番号入力(日本の番号でOK)

5郵便番号入力(任意)

6.費用条件同意

7.決済手続き(時間がかかる場合有り)

8.コード発行(印刷する、もしくは写真を取りましょう)

9.自転車の横にある番号を発行されたコード順にゆっくり押す

10.ランプが黄色緑色となったら自転車後部を持ち上げ取り出す

料金プラン
1.シングルライド:30分/$3.50(+tax)
最大4台まで借りることができます。
30分以上借りると30分ごとに$3.50が延長料金として加算されます。

2.フリースプリットパス:300分/$20(+tax)
最大1台までしか借りられません。
しかしながら300分の利用時間が自由に分けて使うことができます。
カップルで2台使用したい場合などはそれぞれ別のクレジットカード
支払う必要があります。
有効期限は無しと言われていますが実質10年程度と言う情報を聞いたことが
あるのでコツコツ使うと良いと思います。

3.マンスリープラン:30分まで乗り放題/$15
もしくは60分まで乗り放題/$25
1回30分、もしくは60分の利用を1ヶ月間無制限に使用できるプランです。
こちらは発行されたパスがオアフ島内の居住住所に郵送されるため旅行者は
使用できなさそうです。
乗りまくりたい方には1番使い勝手が良さそうですが残念ですf^_^;

以上がbikiのレンタル手順になります。

 

 

 

そして次に返却手順になります。

1.最寄りのbikiステーションを探す

2.ステーションの空いているドックに自転車の頭から押し入れる

3.コード入力のランプが緑色になることを確認する
(ここ、絶対に忘れないこと!!)

補足:もし緑色にならなければもう一度自転車を引き出し入れ直す

 

返却は簡単ですがランプが変わったかの確認は絶対に行ってください。

変わらないと未返却のままとなり延滞料金が発生するそうなので要注意です。

今回我が家は僕と奥さんそれぞれフリースプリットパスを購入しました。

次回以降も乗れるのでとても楽しみです(^^)

ちなみにbikiアプリのダウンロード先はこちらに↓なりますので使ってみてくださいね。

App StoreGoogle Play